« 会津ユキマス | トップページ | 被災者の放送に涙が流れる »

東日本太平洋沖巨大地震

3月11日は中学校の卒業式、我が家の中2の孫もいつもより早めに帰宅してお友達の所へ行ってきます。それではバアちゃんもお買い物に行ってくるからね。と云って孫は先に出かけた。10分位過ぎたころミシミシと大きな揺れを感じとてもながいような揺れに怖さを感じ外に飛び出した。我が家のポーチ  壁の一部は石を使っている関係で崩れたら危ないと判断し道路側の車庫につかまったけど、どこもかしこも大揺れ近所の人達も不安で多くの人が道路に集まり揺れの治まるのを待つ、ビリビリ ギシギシガチャンと音が聞こえるのですが、手を離して歩いたら倒れてしまいそう、 止めて置いた私の車はトランポリンの上で跳ねているようにジャンプを繰返してる。もしその車に乗っていたとしたら、怖くて想像出来ない。 長かった揺れが少し治まって家の中を見たら花瓶が欠けて水浸し額が落下してガラスが散乱、長いシャンデリヤ風スタンドが倒れ散乱、食器棚の中グラスが数個割れ引き戸なので,あかなかったことが幸い。隣の屋根瓦見事に崩れてた。その横の家もやられている。塀はいたる所で被害をうけている。片づけに気をとられ買い物に行くことを忘れてしまった。たちまちお店は閉店、もしくは 品物が無い お米と水さえあればと思い米精米所へ、、、いつもすいてるのにどうしたことか満員御礼考えることは皆同じです。順番を待って半分だけ精米兄の家でご飯を炊いて貰い帰宅途中は給水待ちで車の長い行列が延々と続く、給油も儘ならずですが、久しぶりにテレビを見て災害の大きさに涙をこらえられない。今度は原子力発電所の爆発、放射線受けた人もいるのでは無いでしょうか。息子が20Kすれずれの相馬市に住んでいる。どうか被害にあわないように祈る

|

« 会津ユキマス | トップページ | 被災者の放送に涙が流れる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東日本太平洋沖巨大地震:

« 会津ユキマス | トップページ | 被災者の放送に涙が流れる »