« 梅雨入りはいつになるのでしょう | トップページ | さくらんぼ保存 »

除染の仮置き場の為最後のサクランボ

年老いた姉夫婦達が栽培していた古くて太いサクランボの木

毎年6月に入ると遠方より大勢の子供達親戚が集まりサクランボ

狩り皆で楽しませていただいて来たが、放射能問題で除染の

仮置き場が山手に位置する姉の畑になってしまった、そのような

ことでサクランボの木は切られてしまうのです、数十年かけて育てた

サクランボの木、悲しい、とても悲しい出来事色々な種類の品種があり

自慢にしていた義兄 本数も大分あるけど全部なくなってしまう

今年で最後のサクランボ採りをしている姉の心は涙だろうと思う

|

« 梅雨入りはいつになるのでしょう | トップページ | さくらんぼ保存 »

コバルトブルー」カテゴリの記事

コメント

Interesting how Schroeder has gone anywhere from 12 to 23. Same with guys like Steven Adams. The DraftExpress mock makes me want to cry tears of joy. Schroeder, Mitchell, Kabongo? Good God, yes.

投稿: The Just | 2013年6月18日 (火) 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 除染の仮置き場の為最後のサクランボ:

« 梅雨入りはいつになるのでしょう | トップページ | さくらんぼ保存 »